リュシオ辰野フットボールクラブ

NPO法人リュシオスポーツクラブ

※リュシオ辰野FCは2020年1月に設立した「NPO法人リュシオスポーツクラブ」の傘下団体となりました。

1 趣 旨
育成年代の子ども達にとってスポーツは心身の健全な発達や成長、コミュニケーション能力の向上などに多くの効果を与え、その先の人間形成にも良い影響をもたらすことが期待できるため、多くの子ども達がさまざまなスポーツに取り組んでいます。
しかし、昨今では少子高齢化が深刻な社会問題となっており、地方においては人口減少も相まって、地域スポーツクラブの縮小や廃止・解散が増えてきており、子ども達を取り巻く環境は悪化しています。また、住民間においても交流行事等の簡素化や削減によりコミュニティーの希薄化が進み、地域の連帯意識が低下してきています。
このような現状から、子ども達のスポーツ面だけでなく、広く地域住民が気軽に集まり触れあえる場や環境が必要ではないかと考えます。
当法人はスポーツを通して子ども達だけでなく、この地域に暮らす全ての方々が気軽に集まり、体を動かしながら交流できる機会や場、また情報を提供することによって子ども達の健全な心身の発達や成長を促したり、幅広い年齢層の地域住民の健康を増進することで、多くの方々に生きる活力を与え、夢や目標に向かって努力することの素晴らしさを感じてもらえるようなスポーツ文化を形成し、住民の皆さんに根付かせることで地域の発展・活性化に寄与します。

2 申請に至るまでの経過
当法人の母体集団であるリュシオ辰野フットボールクラブではサッカーを通じて子ども達の豊かな人間性を育み、心身ともに健全な成長を促すことをチーム理念として、20年間活動を行ってきましたが、近年の少子化により団員も最盛期の約半数となってきています。
団員の減少に伴い、保護者のクラブ運営を担う負担も増大してきており、団役員や練習当番などがあるため、子どものクラブ入会に保護者が抵抗を示すといったことも実際に起こっており、これはサッカーに限らず他の種目においても同様であり、このままでは子ども達のスポーツ離れの進行が心配されます。
子ども達が将来に夢や希望を抱き、身近にスポーツを楽しめる活動を継続していくため、またこの地域に生活する多くの方々が生涯をスポーツと共に過ごすことのできる豊かな文化の形成のため、法人化により団体の法的な位置づけを明確にし、社会的信頼を得ることによって健全で安定的なクラブ運営を行い、行政や各種団体と連携しながら多種目多世代に向けた活動を展開していくために法人を立ち上げることとしました。

3 定款
NPO法人リュシオスポーツクラブ定款(PDF)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE